カテゴリー: 稲作

農夫婦連れ立つバレンタインの日

年間を通してみれば、農閑期。 その中でも、やることはあります。 コメ農家の冬   最近の農業関係の話題。   ①ぼかし肥料づくり わたしたちのグループの田んぼは、冬場は湛水(3月まで) 水量を管理する …

本文を読む

春耕の若者ときに空を見て

実践のための正しい理論を。 神戸で開催された有機稲作研修に参加してきました。 年々進化する保田・西村流有機稲作   農薬や化学肥料をいっさい使わない有機稲作。 「理想かもしれんけど、雑草が大変やしようけ取れんや …

本文を読む