たましひのひとつひとつに春夜かな

高まる不安と、”日常”の破綻。 一日一日を、大切に考えていかねばと思います。 恐怖と不安の日々と、その先。   新型コロナウイルスの影響が深刻化。 神河町内でも、さまざまな分野でイベントの中...

三椏の花を囲める下校の子

住み始めたときには、なかった光景。 こどもたちが、毎日仲良く集団下校しています。 集団下校のエイドステーション?変化するkajiyano 逆らえないもののひとつが、「時間」あるいは「年齢」。 20代で...

太陽の姿さやかに朝霞

「地に足をつけて暮らす」 ・・・だけでOK? 旅するように生きるには?   毎月第2土曜にコワーキングスペースkajiyanoで開催中のトークライブ「くらしとしごと」。   第12...

残雪の峠にひとり握り飯

今年はもう見ることがないかもしれないと思っていました。 長谷は、今年はじめての雪景色でした。 雪が人をつなぐ?   昨晩からはらはらと降り始めていた雪。 肌寒さを感じながら目覚めると、案の定...

桜蘂降りみづうみに漂へり

移住のきっかけはさまざま。 神河では、町による移住バックアップもあります。 移住と交流のあいだ   地縁も何もなく、ピンポイントで「長谷に移住したい」という人はなかなか居ないと思います。 し...

若人の継ぎし茶園の茶摘かな

【2019.4.28追記しました】人材不足が深刻な農林業。 新たな求人の試みに携わらせていただきました。 【森林組合×茶園】合同リクルーティング企画     最近どの企業に伺っても...