着想の跡も愉しき鰯雲

来年で起業5周年。 ここだからこそできる仕事のあり方を考えています。 広告の「業」   「どんな仕事をしてるんですか」 怪訝そうに(と感じてしまう)そう聞かれるたびに、答え方を毎回思案します...

銀紙のカラメル削り春愁

三寒四温を経て、春へ。 本当に春が訪れたのかを確かめるように、頭の中や心の中を確かめます。 つなぐという役割   今年の営業テーマは「話の種まき」。 クライアントに、旧知の人に、出会う人に、...

初冬や色透けさうな印刷紙

移住5年目。起業4年目。 事務所の仕事も、少しずつ変化しています。 企業の”悩み”と向き合う仕事。   ピオレ姫路やヤマダストアーなど、今年はkajiyanoとして”露出”の多い年。 はじめ...

道程の岐路振り返り二月尽

これまでに出会ってきた人々と、これから出会う人々に向けて。 事務所の公式サイトを(ようやく)開設しました。 仕事のありようを、目に見えるかたちに。   2015年1月に起業して、今年で4年目...

新妻の雨傘閉づる小正月

わたしたちの結婚記念日は、1月8日。 「イチかバチか」の夫婦旅、5年目です。 雨の中の訪問客     「今日、行っても良いですか?」   1月8日、「成人の日」の朝。 夫...

感嘆の一語の漏れて息白し

日本の田舎に、いま何が起こっているのか。 アカデミックな領域からも注目が集まってきているようです。 学生たちとの出会いと自己の振り返り   今年の夏ごろ、早稲田大学へ進学したい高校生が相談に...