眼前の柿捥ぐ移住六年目

シニア世代だけでなく若い世代も。 静かに移住者の増える、不思議なまちです。 「住んでから、良さに気づく」。   ブログを始めて丸5年が経ちました。 2014年9月開設。気づけば過ぎていました...

闇に帰す停電の村秋の雨

長谷は異例の秋晴れ続きでしたが、ついに・・・。 という一日のこと。 外しごと強化月間 山あいで通り雨も多い土地柄ですが、ここ数週間は嘘のように晴れっぱなし。 年明けから手掛けていた大きな案件ひと段落し...

客人の背の照らされて柿紅葉

今年大量の実をつけた甘柿の木が、紅葉してきました。 晩秋になり色づいてくる柿の葉を、「柿紅葉(かきもみじ)」といいます。 かつて中国において、紅葉に詩を書いてせせらぎに流すという風習が存在し、そこから...

住まい継ぐ夫婦迎えて柿たわわ

築150年の家屋で暮らしはじめてから、ときどき不思議なことが起こります。 肥料もやらずほったらかしにしていたのにキュウリが大量に生ったり、小鳥が一斉に鳴き出すと、きまって良い出会いや知らせがあったり。...