駅ビルの人立ち止まる師走かな


年末の一大イベントが無事終了。

いろんな気づきがありました。


「てくてくウィーク」@ピオレ姫路を終えて

ピオレ姫路で開催された「てくてくウィーク」が終了しました(12/11〜12/17)

 

商業施設が立ち上げた実験的な場「Piole LABO」の実験的な取り組み。

主催者「てくてくひめじ」さんの人的ネットワークにより、ユニークな出店者が勢ぞろい。

あまりの盛況ぶりに、ピオレを運営する神戸SC開発の社長や重役が様子を見に来られたり、他の商業施設からの出店オファーが入ったりするなど業界内外から大きな注目を集めたようです。


Piole LABO初!山口夫婦初!トークライブ

 

期間中、わたしたちは2日間の参加。

 

1日目は、試飲と商品販売。

左手前が黒炒り玄米茶の試飲。なんと午前中で完売!

 

そして2日目が、トークライブ。

 

場所はジュンク堂正面のエスカレーター下のスペース。

というより、H&Mの正面

 

「こ、ここで話すの・・・?」

下見の際には、ちょっと本番のイメージがわきませんでした。

 

そもそも公の場で二人で話したことはありません。

ピオレラボとしてもトークイベントの実施例はまだ無いとのこと。

「念のため・・・」

思いつくツールや小道具はとりあえず自前で用意して当日に臨み、結果的にはそれが奏功。

駆けつけてくれた同級生のサポートもあってなんとかそれらしいレイアウトが完成しました。

緊張を紛らわせるべく、ノンアルコールビールの「乾杯!」からスタート

 

背後のガラスケース展示はリビングソイルさんの作品。

テーマは「夫婦で田舎暮らしのススメ」。

客席との掛け合いも交えつつ(と言ってもたどたどしいものでしたが)これまでの歩みや夫婦ライフの実情を順番にお話しました。

質疑応答も含め、気づけば予定の2時間枠いっぱい。

経験したことのない疲れでクタクタになりました。。

とにかくオープンな場所でした、、

過去を振り返り改めて気づいたのは、地域の皆さんはじめ、たくさんの人に助けてもらって今があるということ。

そして私個人にとっては、先が見えず心が折れそうになった時、いちばんの支えになってくれたのは妻にほかならないこと。

 

ずいぶん遠くまで来たものだと感じますが、未来は日々の積み重ね。

出会いを大切にして、これからもマイペースにやっていこうと思います。


今日の一句

駅ビルの人立ち止まる師走かな

えきビルの ひとたちどまる しわすかな

季語:師走(冬)

クリスマス気分にお正月の準備。

喧騒の中、物珍しそうに足を止めてくださる方がいらっしゃいました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です