洗髪を嫌う娘や冬はじめ


すっかり親バカ?

ヤギのメエちゃんと過ごす一日一日が貴重に感じられます。


メエちゃんの成長日記 はじめてのシャンプー篇

 

圧倒的なかわいさを誇る愛娘メエちゃん。

ただひとつ、当初から気になっていることがありました。

それは「ニオイ」

 

わたしたちは決断しました。

「メエちゃんを洗う」。

ヤギオーナーのみなさんの動向もチェックした結果、ホームセンターで売られているペット用のノミ取り用シャンプーを使用することに。

ただし、基本的にヤギは水を嫌います。

「シャンプーなんてしたら嫌がるだろうなぁ・・・」

嫌な予感がしていました。


メエちゃんがすっぽり入るタライをセット。

風呂場からホースを伸ばしてぬるま湯のシャワーを準備。

腕まくりした妻の合図で、風呂場の蛇口をひねりました。

「シャァ〜・・・」

頭の上から水が降ってきたとたん・・・

 

メエちゃんが大暴れ!

かつてなくアクロバティックな動きで妻を振り切りました。

負けじと抑え込む妻。

とても時間をかけてシャンプーできる状態ではありません。

洗っては逃げられの繰り返しで、不完全燃焼ながらなんとか全身をシャンプーすることができました。

メエちゃんも憔悴・・・

自然界には、晴れの日もあれば雨の日もあります。

ある程度天気が良かったこともあり

わたしは「天日干しで乾くやろ」。

次の瞬間。

妻はハッと目を見開き、ホラー映画の主人公のような表情に。

「なんてかわいそうなこと言うんよ!!」

「震えとるやんか!!」

「ドライヤーするに決まっとるやろ〜〜!!」

 

「え?あ、はい・・・」

気迫に圧倒され、一瞬で決定。

屋外用のコンセントに家庭用ドライヤーをつなぎ、自分の髪以上にていねいに毛を乾かす妻でした。


今日の一句

 

洗髪を 嫌う娘や 冬はじめ

せんぱつを きらうむすめや ふゆはじめ

季語:冬はじめ・冬に入る(冬)

ついに俳句においても一線を越えてしまいました。

全身を震わせてシャワーを拒否する姿が脳裏に焼きついています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です