粕汁を啜りて語る未来かな


kajiyanoとして、はじめてのメディア取材。

思わぬ反響と気づきがありました。


神戸新聞に掲載

この週末は、消防団の研修旅行でした。

長谷から特急はまかぜに乗り、神戸で1日目。

2日目は大阪へ移動。

各地の消防団員と連携して器具の確認や訓練を行い、研鑽を積みました。

(嘘です。日頃の慰労のための旅行です)


ホテルで目を覚ます朝。

母親からLINEが来ていました。

「神戸新聞に載ってるよ!」

神戸新聞記事(WEB版、会員は全文読めます)

実は先週取材していただいており、そろそろ掲載されるタイミングでした。

地域欄のカラー写真付き記事。

妻に画像を転送したら、「大きいな!(笑)」と驚いていました。


神戸新聞は、地域ではおなじみの新聞です。

掲載直後、さっそく複数の電話問い合わせがありました。

「ええことされとってや」(87歳男性/他町)

「長谷でそないなことしとんやね」(推定70代/女性/町内)

「お弁当作ってはるんやったら販売所で扱わせてもらえへんやろか」(推定70代/女性/町内)

などなど。

「神河町で初のコワーキングスペース誕生」という派手な(?)見出しにもかかわらず、ハートウォーミングな問い合わせが続いています。


その中でおひとり、「かじやの」という名前に感激して連絡をくださった方がおられました。

「かじやのいう名前見て、懐かしいなぁ思って連絡さしてもらったんよ。おじいさんにはよう世話になってね。貫禄のあるすごい人やった。かじやのいうたら、この地域では立派なブランドです。頑張って」

妻もわたしも最初はあまりピンとこなかったのですが、長谷で暮らす中で、この家が地域のシンボル的な存在だったことを知りました。

(もちろん、立場にもよって色々な評価があるとは思います)

江戸末期から続く上に新たなものを築きたいという想いで「kajiyano」と名づけましたが、自分たちが考えている以上に、それは特別な意味を持つ名前。

「かじやの」の歴史と名前に恥じない場所にしなければ、と背筋が伸びる思いです。

ご先祖の皆さま、どうご覧になっておられるでしょうか。


今日の一句

粕汁を 啜りて語る 未来かな

かすじるを すすりてかたる みらいかな

季語:粕汁(冬)

盛りだくさんの旅行を経て、久しぶりに感じるわが家。

「今まで以上に頑張らなあかんなぁ」と語りつつ、妻のお手製粕汁をすすりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です