向かひ合ふ山羊の鼻息涼しかり


飼ってみて、はじめてわかることがたくさん。

ヤギという生き物と向き合う日々です。


メスヤギの悲痛な求愛

 

20日に一度。

 

なんの数字だと思いますか?

答えは、メスヤギの発情サイクル

今のところ計ったように20日に一度、別人(別山羊)のように積極的かつ情熱的になります。

 

状態が持続するのは約48時間

日ごろは、(甘やかして)餌を与える妻に懐きがちなメエもこの2日間はわたしにべったり。

「メェーー」

「メェー!メェーー!」

腹具合によらず鳴きっぱなしですが、わたしが登場するとピタリと静止。

トコトコ近寄ってきては、体をスリスリ。

わたしの顔を覗きこむように、鼻先を近づけてもきます。

 

こちらが姿を消すと、、、、

また「メェー!メェーー!」が再開。

家の周りをウロウロし始めます。


唯一の対策は、「近くにいること」

できればわたし、もしくは妻が、近くにいながらにして時間を有効活用できる方法を模索中です。

PC/スマホ操作、読書、句作等?

 

↓タイミング悪くわたしが不在になりましたが、妻にもこの態度。

 

 

恋にやつれて”食事も喉を通らない”のか、期間中はほとんど草を食べません。

ところが発情期が終わると、反動で「ドカ食い」

 

そこもまた女子でしょうか。

 

以上
ある種ハラスメントな本日の記事です。


今日の一句

向かひ合ふ 山羊の鼻息 涼しかり

むかひあふ やぎのはないき すずしかり

季語:涼し(夏)

ぐっと顔を押し寄せられるたびにヒヤヒヤ。

ときおり、くすぐったいような鼻息が顔にあたります。


兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学大学院 教育学研究科 修了。専門は江戸の初期俳諧。 総合広告会社(博報堂DYホールディングス)を経て、2014年兵庫県神河町に移住。2015年起業。2020年より株式会社OFFICE KAJIYANO 代表取締役 俳句結社「姫路青門」所属

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です