朝霜の畦を歩みて一人かな


追い立てられるようなオンシーズンから一転。

秋冬の田んぼの仕込みは、独特の心地よさがあります。


田んぼの畦を、手入れする。

 

現在、事務所の仕事は年末に向けての繁忙期まっただ中。

そんな時期だからこそ(?)、仕事の息抜きを兼ねてちょこちょこと田んぼに入っています。

 

以前から気になっていたのが、畦の経年ダメージ

それによる保水力低下

 

冬期湛水はまだしも、田植え後の水位管理は有機稲作の生命線。

除草剤を使用しない分、適切な水位を保って雑草の生息を抑えるのがキモなので、看過できません。

「今年の稲刈りが終わったら、傷みのひどい箇所だけでも直そう」

秋冬の計画に入れていました。


畦板いろいろ。

 

畦板にはグレードがあります。

 

安くて手軽なのは、平らなシート。

畦シート 岩谷マテリアル 田んぼ・畔関連商品 【通販モノタロウ】

高品質押し出し製造品。リサイクル原料使用 循環型社会に貢献します。


ただ設置してみるとわかるのですが、強度はイマイチ・・・。

備中鍬や草刈機が当たると、あっけなく破れます。

 

村の人曰く

「あないなもん、1年かそこらであかんようになるわ」

 

ましてや、田植え機やコンバインがぶつかった日には・・・という話。

恥ずかしながら今年も1〜2ヶ所やってしまい、傷口を広げてしまったわたしです。。

 

次のグレードは、黒い塩ビの波板。

 

あぜ板 1セット(10枚) モノタロウ 【通販モノタロウ】 31367858

あぜ板 1セット(10枚) モノタロウ 31367858 などがお買得価格で購入できるモノタロウは取扱商品1,800万点、3,500円以上のご注文で送料無料になる通販サイトです。


村の人曰く

「3年から5年もつ。10年でもラクかもしれん」

 

折しも、ヤフーの買い物の日×PayPayモールのキャンペーン。

還元ポイントを考えると送料を入れても安かったので、30個まとめ買い。

 

アルバイトの方にも手伝ってもらい、いざ作業。

 

  1. 刈った草などで年々ふくらみがちな畦を鍬で削る。
  2. シートを埋める分の深さを掘る。
  3. 畦のラインに沿わせて設置。

 

これ、1と2がなかなかの重労働でして・・。

翌日、しっかり筋肉痛がきました。

黒い部分が、今回張り替えた畦板。

水漏れしているところがないかチェックをしつつ、湛水開始。

3月ごろまで、美しい水張りの景色が楽しめます。


今日の一句

朝霜の畦を歩みて一人かな

あさしもの あぜをあゆみて ひとりかな

季語:霜(冬)  

キンと冷えた、谷間の朝。

霜のおりた畦を、黙々と歩くのも悪くない時間です。


兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学大学院 教育学研究科 修了。専門は江戸の初期俳諧。 総合広告会社(博報堂DYホールディングス)を経て、2014年兵庫県神河町に移住。2015年起業。2020年より株式会社OFFICE KAJIYANO 代表取締役 俳句結社「姫路青門」所属

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です