晩植の水田の上の蛍かな


毎年恒例の、犬見川ほたる祭。

今年は、愛犬ならぬ愛山羊メエを連れて参加しました。


第10回犬見川ほたる祭り。ヤギの登場で会場騒然!?

 

 

6月9日(土)。10回目となる『犬見川ほたる祭り』がホテルモンテローザ横のわくわく公園にて開催されました。

村営ふれあいマーケットや長谷地域の有志グループによる屋台

神河町のマスコットキャラクター・カーミンと小学生によるダンスやフラダンス、地元バンドによる演奏

ビンゴ大会

蛍の見頃となる20時頃までさまざまな催しが用意され、多くの人で盛り上がっていました。

 

KissPRESS『第10回犬見川ほたる祭り』 神崎郡神河町


淡々とご紹介しましたが、わたしたちは大忙しの1日でした。

先日、多可町のカフェ「chattana」さんでカフェデビューも果たした愛山羊メエを、満を持して(?)祭りに連れて行くことに。

もちろんフンの掃除道具とゴミ袋携帯です。

 

到着したのは外もまだ明るい17時ごろ。

リードを付けて場内に足を踏み入れた途端、、メエが注目の的に!

 

「あ、ヤギおるやん!」

「犬?ヤギ?」

「ヤギー!」

 

水場で遊んでいたこどもたちが一斉に駆け寄ってきました。

「おっちゃん、ヤギ触っていい?」

 

続いて大人も。

「あのー、触っていいですか?」

 

長谷の先輩方や消防団のメンバー、役場の職員さんなどお世話になっている人たちとの会話もそこそこに、ほぼ休みなしでヤギ対応に追われる山口夫婦でした。

実はこの日、「うちでも飼いたいな」とおっしゃるかたも登場!(追って相談予定)

田舎での暮らしなら冬季以外はエサの雑草に困ることもなく、犬感覚で飼えるペット。

近隣地域から来られたご家族にも、ヤギ(というよりメエ)の愛らしさを知って頂く機会となったもようです。

 

PS

ちなみに本日の画像は観光協会スタッフの女性Hさん撮影の写真です。

いつもテキパキ冷静沈着な彼女。

しかしこの日はメエに近付いてくるなり

「噂のメエちゃんですね!めっちゃ可愛いですね〜!!」と目がハートマーク。

「ええ、まぁ」

まるで自分のことを褒められたように頭をポリポリするわたしでした。


今日の一句

晩植の 水田の上の 蛍かな

ばんしょくの みずたのうえの ほたるかな

季語:蛍(夏)

有機農法チームの田植えは、いちばん最後。(苗をさらに成長させてから植えるため)

まだ弱々しい苗の上に、犬見川の蛍が1匹ふわりと迷い込みました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です