映写機の照らす埃や秋に入る


蒸し暑い日が続きますが、わずかに秋の気配も。

ゆっくりと映像を楽しめるような、ゆとりを持ちたいと思います。


”どこでも楽しめる”オンライン映像を田舎で楽しむ。

 

「いつでも、どこでも、楽しめます!」

「どこからでもアクセス可能!」

スマートフォンアプリの広告等でしばしば目にする謳い文句。

 

「山奥やったら無理なんちゃうん?」

 

と、関西人的ツッコミを入れたくもなりますが、近年は山間部もインターネット網整備が飛躍的に向上しています。

日本全国あるいは海外、”どこでも”、情報端末にアクセスできる時代へ。

地域によって差はもちろんありますが、田舎の暮らしにも確実に変化がもたらされています。

※長谷でも若い人のあいだでスマホ用ゲームは爆発的に普及しています。


という流れで、Amazonプライムの話(唐突)

年間3900円(税込)でさまざまな特典が用意され、中でも映画やドラマ、アニメが見放題のプライムビデオは大きな話題を集めています。

わたしも最近会員になりました。

予想以上に映像コンテンツも充実しており、標準的なインターネット回線があれば映画もストレスなく視聴することができます。

〈その他特典一例〉

・お急ぎ便、お届け日指定が使い放題。送料無料。

・2万冊の中から好きなkindle本を毎月1冊無料で読める。 

・100万曲以上が聞き放題の「Prime Music」が利用可能 等

(参考)Amazonプライム会員がお得過ぎ! 10個のメリットを分かりやすく紹介!


こんなこともあろうかと(?)、kajiyanoは設計段階からプロジェクターの使用も想定しています。

真っ白い漆喰の壁はスクリーン向き。

プロジェクターを引っ張り出してきて、パソコンと接続してみました。

角度を調整しながら試しにプライムビデオを再生してみると、、

クッキリと映像が映し出されました!

スピーカーはライブ用の簡易PAシステムなので音響も迫力満点。

テストという建前で、プライムビデオの目玉コンテンツである松本人志の『ドキュメンタル』や映画などを視聴してみました。

 

 

「夢のようやな・・・」

 

目をうるうるさせながら、壁に映し出される映像を食い入るように眺める山口夫婦でした。

 

「それなら、テニスのオンライン中継高校野球オンラインを大画面で流しておくこともできるのでは・・・」

と閃いてしまったのは事実ですが、さすがにそこは自重。

今後は、会議のプレゼンテーション使用オンライン中継ワークショップなど活用方法を考えていきたいと思います。

平成30年からは神河町内で超高速ブロードバンドが敷設される予定なので、さらなる快適通信に期待です!

 

暮らしの原点と大自然が味わえる田舎の暮らしに、最新のオンラインコンテンツ。

なんだかワクワクしませんか?


今日の一句

 

映写機の 照らす埃や 秋に入る

えいしゃきの てらすほこりや あきにいる

季語:秋に入る、立秋(秋)

プロジェクターが吐き出す青白い光。

宙を舞う微細なホコリが、ゆらゆらと映し出されました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です