ひと村にひと村ぶんの秋の山


「落ち着いたら温泉でも行こう」が口癖のさんきら夫婦。

紅葉の美しい季節になってきたので、ドライブがてら近隣の温泉に繰り出しました。


温泉通からも定評あり!黒川温泉

”美人の湯”として有名な生野の黒川温泉

JR生野駅周辺から、「まだ先・・・?」と言ってしまうぐらい長~い山道を抜けた先にある秘湯です。

内湯と露天風呂がひとつずつのシンプルな作りですが、トロリとした湯が気持ちよく、病みつきになる人が多いのだとか。

S__4014091 S__4014090S__4014085 S__4014084

番頭さん曰く、温泉好きは冬でも神戸や大阪からスタッドレスタイヤで訪れるのだそうです。

(銀山湖から温泉までは除雪が施されます)


神河町のお風呂スポット

よく尋ねられるのですが、残念ながら神河町には純粋な温泉とよべるものはありません。

ただ、グリーンエコー笠形では準温泉を楽しむことができ、峰山高原ホテルリラクシアとホテルモンテローザは宿泊客でなくても大浴場のみの利用が可能です。

意外とネット上で情報が見当たらなかったので、チラシの情報を貼り付けておきます。

img005

日帰りで神河町へお越しの際は、ぜひ入浴コースも候補に!


今日の一句

ひと村に ひと村ぶんの 秋の山

ひとむらに ひとむらぶんの あきのやま

季語:秋の山(秋)

日ごとに表情を変えてゆく秋の山々。

谷間の村には、小さくとも鮮やかな山の風景があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です