爽やかに蹴球の徒の散りにけり


長谷地区の若手なりの、地域おこし。

村営マーケット横「ふれあい会館」を会場に、ビッグマッチの観戦イベントが行われました。


地域で応援!W杯サッカー日本代表戦

 

ハセラボが企画し、過去に2度開催しているスポーツバー

今回観戦した試合は、サッカー日本代表のW杯出場を賭けたオーストラリア戦

ホーム開催のため時刻も絶妙でした(19:35キックオフ)

初めての試みで屋外観覧席も設け、マーケットの収穫祭で初披露したドラム缶ピザがパワーアップして登場。

1切れ(1/4)200円で販売。用意した約20シートが完売!

試合は2-0でみごと日本が勝利し、参加した約35名の住民とスタッフの声援が夜のふれあい会館に響きました。

事前に事務局から周辺へお声がけしていただいております。

 

回を重ねるごとに少しずつ参加者の幅が広がっており、20代の地元っ子数名が顔を合わせ「久しぶり〜」と同窓会のようになっている光景も。

もちろんスポーツの観戦をみんなで楽しむという趣旨があってこそのイベントですが、もしかしたら、”集まる口実”になっているのかもしれません。

 

「ハセラボとは何ぞや」とよく聞かれますが

基本的には、現役世代の有志メンバーによるボランティア活動です。

(こうしたイベントに予算は付いていません)

無理なく、自分たちが面白いと思える活動を今後も考えていけたらと思います。

 

↓大きな試合だったため、スポーツバー絡みで計3回も神戸新聞に掲載されました。

準備風景(8/31)

追記

地域版(9/1)
県版(9/1)

今日の一句

 

爽やかに 蹴球の徒の 散りにけり

さわやかに しゅうきゅうのとの ちりにけり

季語:爽やか(秋)

秋気冷涼の夜。

歓喜のホイッスルの余韻に浸りながら、誇らしげに、さわやかに、選手たちがピッチを去ってゆきました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です