先頭のランナー北風(きた)をしたがへる


町内外のスポーツ愛好家が神河に集う一日。

神河マラソン大会に運営スタッフとして参加しました。


多自然地域ならではのマラソン大会

「第41回神河マラソン大会」が1月31日に開催されました。

寺前の神河町役場前を発着点として、のどかな田舎道を往復するレース。

最長5kmのショートコースですが、1種目あたりの参加費500円・ぼたん汁付(入賞者には景品あり)という魅力的な条件もあり人気を集めています。

今年は、神河町誕生10周年記念事業の一環として、女子1,500メートル日本記録保持者であり2008年の北京五輪5,000メートル代表の小林祐梨子さんがゲストランナーとして参加。登録ランナーの数は800人近くにのぼりました。

その家族や友人も観戦に駆けつけるため、感覚的には2,000人位は集まっていたように思います。

大会当日は、町内の体育協会所属のスポーツ組織より招集されたボランティアスタッフとスポーツ推進委員地元スタッフなどが手分けして運営をサポートしました。

ちなみに体育協会からは、合気道、テニス、野球、剣道、ゲートボール、陸上、ゴルフ、グラウンドゴルフ・・・と17団体から39名

わたしはテニス協会メンバーとして参加。コース警備を担当しました。


当日の光景

と、説明していくと長くなりそうなのでここからは写真を中心に。

当日の雰囲気、伝わるでしょうか?

S__5349392
7時30分頃の受付。
S__5349387
スタッフジャンパーはカーミンピンク。
S__5349386
実際に着ると、こんな感じ。(協力:テニス協会Yさん)
S__5349385
こどもたちの準備運動。
S__5349384
ハイエースで現場へ。ドライバーは役場職員さん。

 

S__5349390
小1・小2グループ、小3・小4グループは往復1.5kmです。
S__5349393
西脇工業チームの走りは圧巻。先導と後続車両は、スポーツ推進委員が運転する原付自動車です。
なんと、町長も参戦!
なんと、町長も参戦!
S__5349391
順位発表ボードの前には人だかり!
S__5349388
メインの5㎞マラソンが終わったあと。ランナーとその家族や知人が集っています。

 

振る舞いのぼたん汁には長蛇の列!
振る舞いのぼたん汁には長蛇の列!
S__5349381
閉会式。空いっぱいに広がるような小林祐梨子さんのご挨拶が印象的でした。

過疎化がすすむ自治体とはとても思えないような、活力あふれるにぎやかな一日でした。


今日の一句

先頭の ランナー北風を したがへる

せんとうの ランナーきたを したがへる

季語:北風(冬)

晴天ながら、時おり強い風が吹きつける冬日。

一本道の奥から、先頭ランナーの姿がぐんぐんと迫ってきました。


兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学大学院 教育学研究科 修了。専門は江戸の初期俳諧。 総合広告会社(博報堂DYホールディングス)を経て、2014年兵庫県神河町に移住。2015年起業。2020年より株式会社OFFICE KAJIYANO 代表取締役 俳句結社「姫路青門」所属

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です