Alexaに語りかけたる炬燵かな


移住以来ネックだったネット環境が、日に日に改善。

「田舎暮らし」の可能性が広がります。


ネットがあれば、古民家もIoT化!

 

以前の記事で、ネットルーターをバージョンアップしたところ、ネットの回線速度が劇的に向上したことをお伝えしました。

↓以下、ジャパネットのイントネーションで脳内再生してください。

これがですね、ただ速くなっただけではないんです!

カバー範囲が広くなって、今まではつながらなかった場所でも高速回線がつながるようになったんです!

 

例えば、家の中。
のいちばん奥。

メエの小屋。
もちろん屋外

田んぼの中。
水を張っている時は要注意

どこにいても、つながるんです!!


となれば、いわゆるIoT(Internet of Things=モノがインターネット経由で通信する状態)を取り入れることが可能になってきます。

 

 

そこでオススメなのが、新型「Fire TV Stick 4K」

 

  • AmazonプライムやYouTube、TVerが、テレビモニターで観られる。
  • リモコンにFireTV 専用のアレクサ搭載。

 

体験してみると、想像以上の快適さ!

 

これ無しの生活にはもう戻れないかもしれないです。

新型Fire TV Stickを使ったら便利で感動した!アレクサと音量調整ボタンが快適すぎる!

Amazonから2019年1月に発売された新型「Fire TV Stick」を購入したので、2017年に書いた記事を最新バージョンにリニューアルしました!(最終更新日:2019/07/11) Fire TV Stickは、テレビのHDMI端子に挿すだけで、豊富な映画やビデオを大画面で楽しめる便利なアイテムになっています。(※インターネット環境は必要です) …


定価で”衝動買い”した山口家ですが、なんと今見たら、サイバーマンデーで2,000円オフ!

※12/6(金)9:00~12/9(月)23:59まで

 

キャンペーン中ですが、正規料金でも十分満足のいくアイテムです。(負け惜しみ)

ぜひ、チェックしてみてください。


暮らしの質が少しずつ高まる喜び。

 

妻が長谷に通い始めた7〜8年前には、「ソフトバンクの電波が来ておらず」「電話が通じない」状態。
NTTドコモは当時から強いです。

住み始めてから2〜3年は、約20万円の加入金&工事費がネックとなり、唯一の選択肢である町のケーブルネット導入を見送り。

不安定なモバイルルーター1台の生活がしばらく続きました。
大容量のデータをダウンロードするために、深夜ローソンに駆け込んだこともありました。

その経験があるので余計に、現在の環境のありがたみを感じます。

事業においても、この地に事務所を構えることで意外性やインパクトがある一方、ネット回線の面では不利になるデメリットもあると自覚していましたが、だんだんと「普通に仕事ができる」環境になってきました。

 

ハイブリッド田舎暮らし、年々バージョンアップ中です。

 

感謝、感謝。


今日の一句

Alexaに語りかけたる炬燵かな

アレクサに かたりかけたる こたつかな

季語:炬燵(冬)  

会話をしている気分にまではならずとも。

思いついたキーワードひとつで、多様な動画コンテンツが提案されるのはなかなか楽しい体験です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です