一月の白土壁に暦掛く


カレンダーの大交換会「カレンダー市」。

今月、kajiyanoでも実施中です。


余ったカレンダーを、必要とする人へ。

 

1月。

お宅に、「もらったけど使わない」カレンダーが残っていますか?

それとも、「ここに貼るちょうど良いサイズのカレンダーがあればなぁ」と思っていませんか?

 

現役世代は、取引先や銀行、保険会社等からいただくロゴ入りのオリジナルカレンダーをいただく機会が少なくありませんが、特に都市部においては年配の方はカレンダー不足。

自分で買いに行かれる方が少なくないそうです。

 

そうした事情を踏まえて姫路エリアで毎年開催されているのが「カレンダー市」なるイベント。

事務局が回収した不要カレンダーを会場に展示、欲しい人は100円の寄付で持って帰ることができるという趣旨です。

姫路では、今年はJR姫路駅から続く地下通路が会場

太子や高砂など開催場所が随時増えており、神河町のkajiyanoでも今回させていただくことになりました。

掛け軸のような絵画、郷土の玩具、兵庫県警察、自衛隊、飛行機・・・様々なジャンルのカレンダーが現時点で約80〜90点集まっています。(随時増減中)

お客様第1号は、馬カレンダー!

kajiyano会場は、1月25日(金)まで開催。

カレンダーは早いもの勝ちです!

気分転換がてら、どうぞお立ち寄りください。


今日の一句

一月の白土壁に暦掛く

いちがつの しろつちかべに こよみかく

季語:一月(冬)

真っ白で、あたたかな手触りの漆喰の壁。

一面に色とりどりのカレンダーを掲出しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です