なぞりたる愛車の傷や秋惜しむ


国民の祝日、文化の日。

山口夫婦にとっては、休みのような、休みでないような一日でした。


自然のサイクルに沿う生活

個人的な話ですが11月1日・2日に重要な提案が続き、ちょっとピリピリしていました。

提案直前は特に夜中までデザイナーやWEBエンジニアとやりとりすることになりがちで(夜型の人が多い業界です)、そんなとき翌朝はちょっとゆっくりしたいのが正直なところです。

ところが、最近は目覚ましを掛けないでも健康的な時間に目が覚めるようになりました。

連日の改修工事が朝8時には始まるからです。


職人さんは自然のサイクルに逆らいません。

文字通り日が昇ってから活動を開始し、日が沈むまで仕事をされています。

他の現場との兼ね合いもあるようですが、基本的には休みは日曜のみ、天候によって作業が難しい日は休まれているようです。


人間の体内時計は24時間と10分。

お日さまの光を浴びることで、少しずつずれていく体内時計がチューニングされるのだそうです。

お日さまの動きとともに働けば、電灯や空調がなくても快適に作業でき、身体にも過度な負荷が掛かりません。

「なんて理にかなっているのだろう」

と思います。


少し脱線しましたが、仕事もひと段落して「今日は休み」と油断していたところにいつも通り工事がスタートしたのでした。

天候の影響もあり当初より工事スケジュールが遅れている中、工事を急ピッチで進めてくださっているようす。

「壁紙はどうしましょう?」

「床は土間のままでええかな?」

など、決断を求められることが出てきて山口夫婦も急遽工事シフト。

設計士さんと相談などしながら、なんとか15時すぎにこちらの宿題をクリアすることができました。


新たな相棒との出会い

実はこの日、ドライブがてら、あるアイテムを購入しに行こうと思っていました。

それは風雅舎さんから薦められたSTIHL社製のブロワー。

ブロワーとは草刈り後のくずや庭園の落ち葉を風で吹き飛ばす機械。

「ちょっと値段は張りますけど、これがあったら作業効率が10分の1になりますよ」

と風雅舎の加地代表。

ドイツ製で、耐久性も抜群だそうです。


そうと聞けば、手に入れない訳にはいきません。

取り扱い店をリサーチして、神河からわりあい近く、お店自体も楽しそうな多可町の『ハンズコテラ』さんに目星を付けていました。

大急ぎで長谷を出発して、なんとか営業時間内に到着。

若い男性スタッフさんが丁寧に対応してくださり、

「ブロワーが気になっていて・・・」

と相談すると、実際にオイルを入れていくつかの機種を試運転。

比較したうえで最上位機種(5万円オーバー)は見送り、スタンダードなモデルを購入しました。


なにかモノを買うとなるとすぐ

「ネットだと最安値はいくらか」

と気になってしまいがちですが、長い目で見ればやはり「人」から買うのが安心だし嬉しい気持ちになるものだと最近思います。

自分たちの新しい店の運営においても、そのあたりを大事にしたいと思います。

 

記事というよりはまとまりのない日記のようになってしまいました・・・。

今日もよき日だったと振り返りつつ、ブログの更新がまたこんな時間になってしまったことに自己嫌悪する夜です。

 


今日の一句

なぞりたる 愛車の傷や 秋惜しむ

なぞりたる あいしゃのきずや あきおしむ

季語:秋惜しむ(秋)

秋の終わりのひとこま。

まだまだ来た道を振り返る年齢ではありませんが、確実に日々が過ぎていることを実感します。


兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学大学院 教育学研究科 修了。専門は江戸の初期俳諧。 総合広告会社(博報堂DYホールディングス)を経て、2014年兵庫県神河町に移住。2015年起業。2020年より株式会社OFFICE KAJIYANO 代表取締役 俳句結社「姫路青門」所属

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です