古墳へと続く小坂の馬酔木かな

まだまだ先の見えない状況。 ゆっくりと、外の空気を吸いたくなります。 屋外のレジャー施設は人気!?   新型コロナウイルスの影響で、おでかけもはばかられる日々。 一方で、利用者どうしの距離が...

畳ひとつ隔てし妻と初音かな

政府による自粛要請期間のさなか。 足元を見つめ直す時間になっています。 スポーツ界にも波及するコロナウイルスショック   世界中で新型コロナウイルスの影響が広がっています。   そ...

たましひのひとつひとつに春夜かな

高まる不安と、”日常”の破綻。 一日一日を、大切に考えていかねばと思います。 恐怖と不安の日々と、その先。   新型コロナウイルスの影響が深刻化。 神河町内でも、さまざまな分野でイベントの中...

三椏の花を囲める下校の子

住み始めたときには、なかった光景。 こどもたちが、毎日仲良く集団下校しています。 集団下校のエイドステーション?変化するkajiyano 逆らえないもののひとつが、「時間」あるいは「年齢」。 20代で...

太陽の姿さやかに朝霞

「地に足をつけて暮らす」 ・・・だけでOK? 旅するように生きるには?   毎月第2土曜にコワーキングスペースkajiyanoで開催中のトークライブ「くらしとしごと」。   第12...

残雪の峠にひとり握り飯

今年はもう見ることがないかもしれないと思っていました。 長谷は、今年はじめての雪景色でした。 雪が人をつなぐ?   昨晩からはらはらと降り始めていた雪。 肌寒さを感じながら目覚めると、案の定...