白息を交わせるホットワインかな


今年ほど、神河町で雪が待たれる年はなかったのではないでしょうか。

関係者の情熱で実現した斬新な冬イベントがはじまっています。

S__4898820


スノーアクティビティのシーズン到来。のはずが・・・。

年初から、日本列島は記録的といえる暖冬に見舞われています。

兵庫県を代表するスキー場を擁する神鍋高原では、実に60年ぶりに”雪乞い”

”暖冬による雪不足に悩む神鍋高原(兵庫県豊岡市日高町)で7日、スキー場など観光関係者らが降雪祈願をした。同高原での“雪乞い”は約60年ぶりといい、同市のマスコットキャラクター「玄さん」も参加、玉串奉納などで降雪を祈った。兵庫県内のスキー場15カ所のうち半数以上が依然、オープンできていない。”(神戸新聞NEXTより引用)


暖冬の影響は、農業にも。

暖冬傾向で野菜巨大化 生産者にとっては「死活問題」(FNN)

2015年11月以降、適度な雨が降ったこともあり、野菜が早く大きく育っている。

<中略>

キャベツ農家は「秋口から豊作気味に作が出るので、価格としては厳しい。1月2月3月に収穫予定のものが、前倒しで早くできているので、こういう経験は初めてですね」と話した。
消費者にとっても、心配なことがある。
農水省によると、このまま出荷時期の前倒しが続くことで、次の品種などの切り替え時期とのずれが生じるという。
このことで、逆に一時品薄になり、値段が高くなる可能性があるという。”

これだけ文明が発達しても、天候だけはどうやってもコントロールできません。

しかし、やはり、その自然でしか作り出せない美しさもあります。


雪を待つ神河町

2015年初頭、神河町に届いたビッグニュース。

それは、全国で赤字のスキーリゾートを次々とよみがえらせてきた株式会社マックアースが、峰山高原ホテルリラクシアの新運営会社に決定したことでした。

S__4898823

注目されたのは、同社のスキー場計画

兵庫県のバックアップも受け、2017年度のオープンを目指して計画が進行しています。


そのプレイベント的に昨年12月に立ち上げられたプロジェクトが、『神河が贈る 極上の冬時間』です。

『囲炉裏の宿 豊楽』『ホテルモンテローザ』でも宿泊代金が最大50%offになる冬季限定のキャンペーンが行われるなど、まさに町ぐるみの一大キャンペーン

先日、ようやく足を運ぶことができました。

hed_img
峰山高原にかまくらテント村(アイスルータウン)がオープンし、雪上車乗車体験やスノーシュー体験、星空天体観測など自然を満喫できるアクティビティも登場。

支配人いわく、年末には15㎝ほどの積雪があったそうですが、年明けから気温の高い日が続いたため、訪れた日(1/9)は残念ながらほとんど雪がありませんでした。

 

しかし雪がなくても楽しく過ごせるようにと、1/9~1/10の連休には焼きリンゴ作り燻製作り体験コーナーが用意されていました。(いずれも500円)

S__4898829+
ウインナーや卵、ちくわ、チーズなど、ついつい欲張ってしまいます。

お酒のアテを屋外で作って飲むなんて、なかなか贅沢な体験です。

「ゆずをひと絞りしたホットワインと燻製チーズの相性が抜群!」

と妻が言っていました。(ドライバーのわたしはノンアルコールのホットゆずをいただきました)

S__4898825
コンテンツが盛りだくさん!

 

S__4898828
こたつ完備の観光協会テントで滞在OK。
S__4898827
スノーレストランのメニュー
S__4898826
昼間はレストラン&カフェ。
S__4898831
夜はBAR(写真左手のかまくら)
S__4898835
JR寺前駅からのシャトルバスは神姫バスがタイアップ。

大人もこどもも楽しめる、冬限定企画。

ぜひご体験ください。


今日の一句

白息を 交わせる ホットワインかな

しらいきを かわせる ホットワインかな

季語:白息(冬)

カタカナ季語は増える一方。

「ホットワインも季語かな?」と思いましたが、わたしが使用している角川の歳時記には載っていませんでした。

「交わせる」は、4段動詞「交わす」+完了の助動詞「り」の連体形「る」で、「(会話により)白い息が交差している」というニュアンスです。

1杯飲みそこねても、1句したためるのが俳人です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です