看板の塵払いける春一番


もっともっと、場数を踏みたいと思います。

神戸での講演が決定しました。


自分の歩みを振り返り、伝える。

 

「商売は、一等賞になる必要はないんだよ」

恩師である経営コンサルタントの教え。

 

しかしアスリートの世界は違います。

大会に照準を合わせ、心技体を整えて最大限に力を発揮し、狙うは頂点のみ。

それでも、世界の一等賞を獲る=金メダルを獲ることがいかに難しいか・・。

平昌オリンピックの結果速報にそわそわする日々です。


一昨年から始まった、「話す」仕事=講演。

高校から始まり、兵庫県行政書士会、兵庫県主催のセミナー、企業・・・そして今度は、「ICT」分野からのオファーが来ました。

 

3/9(金)、神戸。

主催は「情報通信技術研究交流会(AC・Net)」様。

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が管轄する組織で、NTTやKDDIをはじめとする通信企業、大阪大学など関西の大学および自治体で構成される産官学研究ネットワークです。

 

「なぜこんな(硬い)組織からお声が?」

最初は不思議に思いましたが、どうやらkajiyanoの立ち上げから県事業でお世話になっている兵庫県新産業課の担当者様が推薦してくださった模様。

↓この事業です。うちも誘致協力事業所になっています。

多自然地域におけるIT関連企業の振興支援事業

日程も問題なかったので「私でよければ、宜しくお願いします。」と引き受けました。


過去の講演会アーカイブを見ると、最新の通信技術のレポートやサイバーテロ対策など、大学教授や公的研究機関の専門家による高度な内容がずらり。

「この土俵のど真ん中はちょっと厳しいな・・・」

担当者さんと相談し、会の趣旨になるべく寄せつつも、基本的には自分の実体験をお話させていただくことになりました。

 

当日はスライドでいろんな写真をお見せしながら、エピソードを交えつつ楽しいお話ができたらと思っています。

会員以外の参加もOKとなっていますので、ご興味のある方はぜひ!

 

=================

【平成29年度 情報通信技術研究交流会第217回 例会】

開催日時:平成30年3月9日(金)13:30~16:25(開場13:10)

会場:神戸市産業振興センター 10F レセプションルーム1002(〒650-0044神戸市中央区東川崎町1丁目8番4号)

参加無料(交流会は別途)

詳細URL
http://www2.nict.go.jp/advanced_ict/ACnet/activity.html

↓山口該当部分
◎講演)13:30~14:15
「多自然地域におけるICTオフィス兼コワーキングスペースの運営実態と展望
~テクノロジーがつなぐ都市-山間部の人的ネットワークと仕事の創出~」

講師 山口 貴士(山口貴士事務所 代表/一般社団法人兵庫県中山間地域活性化協会 理事)

概要
終身雇用モデルの維持が困難になり、国内の働き手不足も深刻化する中、大手企業のあいだで副業や兼業を解禁する動きが広がるなど働き方が多様化しつつある。地方においても、時代の変化に合わせて現役世代が柔軟に働きやすい環境を整えていくことが人口定着への一つの道筋になるはずである。

高速インターネット網の普及や交通インフラの整備により、山間部においても地域の利点を生かしながら柔軟なワークライフスタイルを構築できる可能性が広がっている。

県内企業のブランディングを軸とする事業拠点を姫路駅前から多自然地域に移した経緯と成果、コワーキングスペースを開設してからのエピソード等、進行形の実体験を交えながら今後の課題や展望について紹介する。
=====================

 


今日の一句

 

看板の 塵払いける 春一番

かんばんの ちりはらいける はるいちばん

季語:春一番(春)

日本列島に春一番が到来、長谷も夜間強い風が吹きました。

ここのところ夜間はドラム缶の上で寝そべる習慣のメエちゃんも、珍しく小屋の中へ。

翌朝、kajiyanoの看板が風に洗われた形跡がありました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です