麦の秋生花店より望みけり


久しぶりに、神河町柏尾の花屋さんにふらりと訪れました。

谷間の家さんきらの庭に、少しずつ花が増えてきています。

S__6553602


顔が見える地元のお花屋さん

神崎南ICを下りて砥峰方面に進むと、すぐ左手にあらわれる花屋さん。

ご夫婦で経営されており、いつ行っても賑わっています。


こちらのお花屋さんには、2014年3月に自宅の座敷で行った結婚パーティーの際にもお世話になりました。(テーブルに置くお花のデコレーションをお願いしました)

そのことが印象に残り、顔を覚えてもらえたようです。

今回は、赤、オレンジ、白、黄色と4色のガーベラを購入したのですが、サービスで、売り物でない花の苗を数本プレゼントしていただきました。


訪れる人を、花でおもてなし。

大川原集落の沿道には、ポピーやパンジーなど色鮮やかな花がずらりと植えられています。

S__6545419

これは区長の掛け声のもと始まった景観向上の取り組みです。

区長曰く、

「遠路はるばる来てくれるんやし、砥峰高原に行くまでの道も楽しんでもらえたらええなぁ思てな」

実際、「来る途中、花が綺麗やったわぁ」と言われることが少なくありません。

ボランティアで植えて下さった村の皆さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。


今日の一句

麦の秋 生花店より 望みけり

むぎのあき せいかてんより のぞみけり

季語:麦の秋(夏)

お店の裏には、黄金色に光る麦の畑。

色鮮やかな花々とのコントラストに目を奪われました。

※「麦の秋」は、麦が実りの時期を迎えているようすをあらわす「夏」の季語です。ちょっと紛らわしいですね。


兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学大学院 教育学研究科 修了。専門は江戸の初期俳諧。 総合広告会社(博報堂DYホールディングス)を経て、2014年兵庫県神河町に移住。2015年起業。2020年より株式会社OFFICE KAJIYANO 代表取締役 俳句結社「姫路青門」所属

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です