琅玕の顔を出したる雪の山


数日間降り積もった雪との格闘がひと段落。

自然の脅威、そして日常のありがたみを感じました。


「三八豪雪」以来の大雪!?

連日積もりに積もった雪の厚み、約80㎝。

この記事を書いている時点でも、雪掻きをしていない部分はきれいに雪が残っています。

(今朝仕事で姫路に出ましたが、播但道の市川北ランプあたりが雪の境目でした。)

2年前の正月明けに何日間か積雪を経験しましたが、今回はその比ではありません。


降雪がピークの間は、(おそらく)みな自宅で待機しておられ、雪の消音効果もあり村全体がひっそりとしていました。

やや陽射しが出てきてから少しずつ村の方と再会。

複数の方が口をそろえておっしゃるのが

「こんなん、三八豪雪以来や」。

三八豪雪とは、昭和38年に日本を襲った歴史的な豪雪のこと。

(学校で習った記憶はありませんが、農村の歴史を調べていて知りました)

三八豪雪の記録写真(新潟)

記憶をたどる限り、その時に次ぐ2番目の大雪だとおっしゃていました。

 

しかし上には上がいるもので、豊岡出身の方に言わせると80㎝くらいの積雪は日常茶飯事だそう。

三八豪雪のときには、家の2階しか見えなくなるほどの状況だったそうです。


陸の孤島

「わりあい平地やし、雪が降っても塩カリが撒いてあるから大丈夫やろ」

と、わが家は2014年の移住以来ノーマルタイヤ

それが今回は致命傷となりました。

一晩で落ち着くかと思った雪が2日、3日・・・

あっという間に愛車が雪景色と一体化してしまいました。


幸い食料の備蓄もあったのでとりあえずは天候の様子を見つつ家に篭って過ごすことに。

「意外と何とかなるもんやなぁ」

なんて呑気に話していましたが

2日目の夜に重大な問題が発生!

なんと、ライフラインともいえる、灯油が切れてしまったのです。

(この切迫感、伝わるでしょうか?)

完全に陸の孤島となっていたため、どうしたものかと悩んだ挙句、近くに住む友人に相談。

車を出してもらい、事なきを得ました。

何日かぶりにドライブする長谷の道。

車で移動できることのありがたみを感じる出来事でした。


あれこれと忘れがたい想い出が刻まれた今回の雪も、ようやくひと段落。

と、今日のブログを締めくくるつもりだったのですが、土曜にまた降る予報のようです。

元都会っ子のメンタルが試されています。


今日の一句

琅玕の 顔を出したる 雪の山

ろうかんの かおをだしたる ゆきのやま

季語:雪(冬)

まぶしいほどの陽射しに雪化粧が溶けてゆく長谷の山。

数日間雪に埋もれていた長身の青竹が、勢いよく顔を出してきました。

※師匠の添削が入りました。「老竹」→「琅玕」
琅玕
1 暗緑色または青碧(せいへき)色の半透明の硬玉。また、美しいもののたとえ。
2 《色が1に似るところから》青々とした美しい竹。
(大辞泉より)


兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学大学院 教育学研究科 修了。専門は江戸の初期俳諧。 総合広告会社(博報堂DYホールディングス)を経て、2014年兵庫県神河町に移住。2015年起業。2020年より株式会社OFFICE KAJIYANO 代表取締役 俳句結社「姫路青門」所属

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です