掌の上の蛍微かに熱を帯び


犬見川沿いに蛍が飛びはじめました。

長谷に暮らしていると、この季節ならではの出会いがあります。


”農家”と”消費者”の偶然の出会い

 

知る人ぞ知るホタル鑑賞スポット・長谷。

毎年6月初旬から下旬にかけて、気候条件が合えば犬見川沿いはまさに蛍の乱舞。

毎年ここに来られる写真愛好家の方もおられます。


この日、ホタルを見に来られたのは姫路でALT(日本語教師)をされている外国人の御一行。

ひときわ陽気な女性が、並べていたkajiyanoの玄米に反応しました。

「これを作っているのは、あなた達だったの!?」(意訳)

なんと、ヤマダストアー新辻井店で販売中のお米のヘビーリピーターさんだったのです。

ジャシンタさん
わたしたちのお米へのメッセージ

 

「美味しくて健康的な玄米」を育てている農家との出会い

その米が育つ恵まれた環境

実際に自分の目で見ることができてとても嬉しい(意訳)と大はしゃぎ。

 

蛍見むけの、ほどよく湿気のある日。

お目あての蛍散策も、一行みな「OH!!!」

どんより曇った空模様で星は少ないように感じましたが「OH!!!星がたくさん見える!」

「姫路はほとんど見えないから・・・」と言われて姫路出身者としてちょっと複雑でしたが。

 

水も空気も、蛍も、もっといえばお米も、自然が生み出すもの。

何も「自前」のものはありません。

それでも、「ステキな場所で暮らしているわねぇ!」と言われるとやっぱり嬉しいのです。


今日の一句

掌の上の蛍微かに熱を帯び

てのうえのほたるかすかにねつをおび

季語:蛍(夏)

両手にふわりと収まった一匹の蛍。

明滅は熱を帯びているように感じました。


兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学大学院 教育学研究科 修了。専門は江戸の初期俳諧。 総合広告会社(博報堂DYホールディングス)を経て、2014年兵庫県神河町に移住。2015年起業。2020年より株式会社OFFICE KAJIYANO 代表取締役 俳句結社「姫路青門」所属

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です