ゆく年やかたち留める雲のあり


「あぁ、あの年にはじまったのか」

そんな風に振り返ることになりそうな、日本における大きなトピックが続いた2015年。

一方で。

関西の、兵庫の、神河町の、長谷の、大川原集落。

築150年の民家を拠点に、わたしたち夫婦にとっては、わずかながらも着実に前進した1年となりました。


2015年を振り返って。

わたしの年間テーマは、書き初めにしたためた「発芽」

「確証はないけど、自分はおそらくこの道だろう」

と思える道に足を踏み出したという実感からでした。


<2015年のふりかえり>

●山口貴士事務所

・姫路本町のブックカフェギャラリー『Quiet Holiday』オーナーのはからいで、店内にシェアオフィス開設。

・姫路の老舗企業の周年リニューアルや法人化にあたってのブランディング、行政の事業PRなど。

●谷間の家さんきら

・7月で3周年。

・リラクゼーション部門で、峰山高原ホテルリラクシア様と業務提携。(モンテローザ様とも企画準備中)

・はじめて作ったお米が好評。直接販売分は約1ヶ月で完売。リラクシア様およびモンテローザ様にて2kgパック販売中。

●俳句

・『姫路青門』7月度「課題句」 特選(題:夕焼 「夕焼けの中に小さき生家かな」)

・『平成27年度NHK全国俳句大会』入選(句はまだ発表できません)

※結社に若い人が入ったのが久しぶりだそうで、「山口君と一緒に勉強したい」とご婦人方から先生にラブコールが複数届いているそうです。もしかしたら、俳句で地域活性化ということもあるかもしれません。

●canorus

・10月の姫路サウンドトポロジーなど、月1~2回ペースでライブ出演。

●テニス

・旧大河内テニス協会に所属。週1ペースで練習。夏のダブルスで準優勝。


多方面で動きのある一年でしたが、7月末に農作業中に骨折したのは色んな意味で痛かったです。

仕事の進行にも影響し、妻にも負荷を掛けてしまいました。

30年間大きなケガとは無縁で「健康」は”あたりまえ”のものでしたが、この経験を通して「健康第一」だと痛感しました。

「やりたいことができる」という幸せを噛みしめながら、2016年の計を練っています。


今日の一句

ゆく年や かたち留める 雲のあり

ゆくとしや かたちとどめる くものあり

季語:ゆく年(冬)

「いよいよ一年も終わりかぁ」と見上げた空。

表情をとどめながら、少しずつ形を変えて雲が流れてゆきます。


兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学大学院 教育学研究科 修了。専門は江戸の初期俳諧。 総合広告会社(博報堂DYホールディングス)を経て、2014年兵庫県神河町に移住。2015年起業。2020年より株式会社OFFICE KAJIYANO 代表取締役 俳句結社「姫路青門」所属

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です