新妻の寝顔涼しき星の夜


「亭主元気で留守が良い」。

まさか、この年齢で妻に言い放たれるとは予想だにしませんでした。

記念すべき100本目の記事です。

S__7503888


夫のケガが妻のノイローゼをひき起こす!?

「頭では分かってるんやけど、イライラしてしまう!」

連日、妻の悲痛な叫びが築150年の古民家にこだましています。


①ドライバー役を押し付けるべからず

骨折してからというもの、わたしの仕事に買い物に、ドライバーはもっぱら妻。

左足骨折の場合、オートマなら片足で運転する猛者もいるらしいですが、けっして運動神経に恵まれた人間ではなく、事故や新たなケガに見舞われたら元も子もありません。

「どこに行くにもわたしが運転しないといけない」と言われても、これはお願いせざるを得ません。


②背後に居るべからず

仕事の無い日は、わたしはほぼ丸一日、パソコンやノートを並べてキッチンと囲炉裏のある板間で過ごしています。

この「場所」が良くないというのが妻の主張です。

S__1679369

わたしの座り位置がキッチンを向いているため、台所に立つ時間の長い妻にとっては気になって仕方がないようす。

「ずっと背後におられることがイヤ」

「特にキッチンのまわりにいるのがイヤ」

まるで料理に目覚めたゴルゴ13です。

わたしはわたしで、足を伸ばせるスペースが限られている中、日当たりも良い居間の大きなテーブルはいま考えうる最高の作業場所

除湿や冷房が唯一使える空間であることもポイントです。

どちらも譲らない中、先日はついに、「ずっと家の中におっても身体に悪いやろし、外にテーブル置いて作業したら?」と屋外作業を提案されました。


③むやみに頼みごとをすべからず

どうやら、これがもっとも大きなストレスの種になっているようです。

「あれどこ?」

「ちょっと、●●取ってくれへん?」

という何気ない頼みごとが引き金になります。

「ケガする前からそうやったけど、わたしに頼みすぎ!」

「口ばっかりで何もせーへんのやから」

とまで言われると、自分がケガ人であることを忘れて落ち込んでしまいます。

朝の日課である田んぼの水管理についても、やむをえず頼んでいますが、

「わたしは朝ごはんも作らなあかんのに、毎朝同じようにはできません」

と背中越しに言われがちです。


そんなこんなで・・・

ケガをしてからは、まるで定年退職して家で煙たがられる主人のような扱いです。

わたしはわたしで、治療のためアルコールを自粛している目の前で

「疲れた~、ビール飲も~」

と嬉しそうに冷蔵庫を開ける姿に、しずかな苛立ちをおぼえてしまうこともあり・・・。

夫婦の絆がいま試されています。

S__7503886


今日の一句

新妻の 寝顔涼しき 星の夜

にいづまの ねがおすずしき ほしのよる

季語:涼し(夏)

日中のいさかいを経て、まるで何ごともなかったかのように涼しげに眠る妻。

そういえば、プロポーズをしたのは、砥峰高原の満天の星空の下でした。

初心忘るるべからず。


2 comments

  1. sima says:

    男は、たとえ自宅で出来る仕事でも外に職場を持つべきなようです。
    ぶつけられた本音を真摯に受け止めて、今後に生かせばいいと思います。
    怪我人として世話になっている間は、平身低頭が基本です。
    ま、いさかいがある間は大丈夫ですよ。

    • 山口 貴士 says:

      普段でもそうですが、今はなおさら平身低頭が平和の秘訣でしょうね。。。
      今日も妻に「今まで出来てたことが今はできないってことを受け入れるべき」と言われてハッとしました。
      手のひらで転がされているとまでは思いませんが、到底かなわぬ相手です。

山口 貴士 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です