満月や米粒白き握り飯


『谷間の家さんきら』の公式サイトがリニューアルしました!

足が完治するまでの目標にしていたので、無事公開できてとりあえずほっとしています。


『谷間の家さんきら』とは何ぞや?

2012年に、故郷姫路に暮らしながら、妻が長谷の空き家で営み始めた小さなマッサージサロン。

それが『谷間の家さんきら』のはじまりでした。

「さんきら」とは、「山帰来(さんきらい)の転訛。

山に帰って来ると書きます。

ちなみにこの不思議な響きの屋号は、蘆田家の子孫であるお御母さんと妻の合作ネーミングです。

IMG_20140603_0010


月日が経ち、2014年に結婚を機に夫婦で移住。

1年あまり、2人3脚で色々なトライ(と失敗)を繰り返してきました。

マッサージからスパのような複合的なリラクゼーションへ。

田舎のお米野菜をつかった食事。

ライブスペース

ワークショップ会場

はたまたロケ撮影スポット!?

いったい『谷間の家さんきら』とは何なのか、自分たちも分からなくなってきていました。

しかし今回サイトを制作する中で、現時点でのひとつの答えがでました。

谷間の家さんきらは、「暮らし」

もっというと、「日本の暮らし」

これからまた形を変えていくことがあっても、根底にあるものを忘れないようにしたいと思います。

S__7847953


WEBサイトは、縁をつなぐ「出窓」。

姫路方面での仕事や音楽活動で飛び回っているイメージがあるかもしれませんが、わたしたち夫婦は、二人とも本来的には出不精です。

ありえない仮定ですが、もし時代が時代で”山持ち”として生計が立っていたら、、、。

きっとわたしは晴耕雨読、妻は野草と花摘みに明け暮れていることでしょう。

ただ、幸か不幸か、今の時代、「生業(なりわい)」はそうシンプルにはいきません。

自分に何が出来て、どういう風に社会に貢献していけるのか。

地道に追求しながら社会とつながっていくために、双方向で受発信できる媒体は重要です。

リアルタイムに更新される名刺でもあり、身を乗り出してコミュニケーションできる「出窓」のようなもの。

サイトは、育ててなんぼ。

あせらず、じっくりと手をかけて形づくっていきたいと思います。

 

谷間の家さんきら公式サイト

[browser-shot url=”https://sankira-hase.com” width=”600″ height=”450″]

四季のギャラリー/野の花ギャラリー

[browser-shot url=”https://sankira-hase.com/garally/” width=”600″ height=”450″]

オンラインショップ(商品は準備中です)

[browser-shot url=”https://sankira-hase.com/shop/” width=”600″ height=”450″]


今日の一句

満月や 米粒白き 握り飯

まんげつや こめつぶしろき にぎりめし

季語:満月(秋)

スーパームーンの観測日、新米のおにぎりや団子を積んで、とある数寄者と砥峰高原へ向かいました。

あいにくの雲がちな空模様でしたが、待ちに待った分、白金の丸い月が顔を出した瞬間のよろこびは格別!

月光に照らされた新米の白さにも心が躍りました。(最近そればっかりですね)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です