色褪せし夫婦茶碗の今年米


新米が手元に届きました!

嬉しくて嬉しくて、食卓は米三昧です。


自分で育てたお米がいちばん美味しい!?

店舗でもネットでも、「新米」の文字はあちらこちらで見かけます。

どの産地のお米も、きっと農家さんが大切に育てているでしょうし、美味しいでしょう。

しかし、やはり「わが子可愛や」

「あんなに一生懸命愛情こめて育てたのだから、うちのお米が美味しい」

となかば本気で思ってしまいます。

S__8167435


もともと、ほぼ毎食米を食べている我が家ですが、新米が届いてからは消費量が明らかに増えています。

食べなれた茄子のお味噌汁や好物の目玉焼き季節野菜の和え物も、今はちょっと食べ方に戸惑ってしまいます。

というのも、新米の奥深い味を楽しむには、味が濃すぎるからです。

二人して、食事中は「美味しいなぁ」とすいすいご飯をたいらげ、食後には「美味しかったなぁ」と語りあっています。

まるで親バカな夫婦です。


お米は日本人のライフライン

新米が到着した日は、道路に停めた軽トラから4人がかりで手で運び込みました。

保管庫はまだ整理中なので、取り急ぎ母屋へ。

この季節なので湿気は少ないですが、先輩のアドバイスにしたがい、通気性を保つため、木の棒で土台を組みました。

結果的に、山口家の食卓は、米俵の山を背に新米を食べるという不思議な光景になっています。

S__8167430


妻は、「生きる上でいちばん大事なのは食べること」という強固な信念があるので、お米の蓄えがあるだけで精神的に安定するといいます。

わが妻ながら、たくましいというか何というか。

たしかに、経済的に生業を営む必要は当然あるものの、「一年間、とりあえず食べるものがある」という安心感は思った以上にあります。

遺伝子レベルで、お米は日本人の心の支えなのかもしれません。


今日の一句

色褪せし 夫婦茶碗の 今年米

いろあせし めおとぢゃわんの ことしまい

季語:今年米(秋)

ともに過ごす時間が長ければ長いほど、年季が入ってゆく夫婦茶碗。

二人三脚で育て上げる新米は、年を重ねても歓びを運んでくれることでしょう。

 

【先着順!新米販売中】

”名水とほたるの里”長谷にて夫婦で育てた特別栽培(除草剤1回のみ使用)コシヒカリを、玄米20㎏6,000円にて販売中です!

姫路市近郊の方は無料でお届け致します。別途送料にて、発送も可能です。

「試しに食べてみようかしら」とお思いになった方は、お問い合わせフォームもしくは0790‐35‐0673までご連絡ください。

谷間の家さんきら 山口貴士・奈央

 


兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学大学院 教育学研究科 修了。専門は江戸の初期俳諧。 総合広告会社(博報堂DYホールディングス)を経て、2014年兵庫県神河町に移住。2015年起業。2020年より株式会社OFFICE KAJIYANO 代表取締役 俳句結社「姫路青門」所属

2件のコメント

  1. 貴士さん、奈央さん、新米収穫おめでとう(?)ございます(^_^)♪
    それはそれは、美味しいに違いありません!
    もし、まだ受け付けておられましたら、1袋、楽やにも、分けていただけませんか?

    1. 楽や 陽子様
      ありがとうございます!わたしたちの気持ちがたっぷりこもっているお米かと思います(笑)早々にお届けにあがりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です