人歩む棚田のうへの鱗雲


市場に出回りにくい農家のお米を、欲しい人に届ける。

本来はシンプルなこの仕組みが、少しずつ実現して行けば良いなと思います。


米農家として。米問屋として。

 

“農家”山口貴士

先日は、JR姫路駅直結の商業施設「ピオレ姫路」。に1日限定出店。

今週は「ヤマダストアー」さんとの商談。

ふるさとの姫路づいている10月です。

 

「農家さん」と呼ばれるのはちょっとむず痒いものがありますが、考えてみればわたしはいわゆる「兼業農家」

人前に出る以上は、堂々と「神河の農家」として、地域の魅力を伝えながら販路開拓やPR活動をしていくべきかなと覚悟をととのえているところです。

秋は食べるものがいっぱいで、メエもご機嫌です。

 

“米問屋” kajiyano

 

さて、一方でkajiyanoとして昨年から町内のお米の販売協力をしています。

杉の有機農法米 → 約1t販売

関連記事:完売の檜の棚や水温む(2018-03-05)

赤田の棚田米 → 約300kg販売

関連記事:亀鳴くや潤み初めたる千枚田(2018-04-26)

 

いずれもご相談をいただいたのは収穫時期ではなかったので、今回は満を持して(?)新米を案内させていただくことに。

kajiyanoの手土産パックも含めて、計4ラインナップ。

ぜひ、おいしい時期にお召し上がり頂けたらと思います。

ご注文・お問い合わせはこのブログのお問い合わせフォームからでもOKです!

 

何かと忙しい、農家の秋です。


今日の一句

人歩む棚田のうへの鱗雲

ひとあゆむ たなだのうへの うろこぐも

季語:鱗雲(秋)

冒頭の見出し画像は、赤田の棚田風景をドローン撮影したもの。

山裾の小さな田んぼの一枚一枚に、農家の姿があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です